居酒屋で定食と晩酌を

居酒屋で定食と晩酌を

最近登場した居酒屋の中には、おつまみや一品料理だけではなく定食を提供するお店も増えてきました。

 

おつまみをいくつも注文するより安上がりですし、一人暮らしの人は野菜やタンパク質をバランス良くとれる定食をお得に感じられます。
皆さんも、会社帰りに居酒屋で晩御飯を食べる際、定食を注文した経験があることでしょう。

 

居酒屋ではお冷やお茶も注文出来ますが、せっかく居酒屋へ来たのですから美味しいお酒を飲みたいですよね。
今回は、居酒屋で定食を食べるときのお供にピッタリなお酒をご紹介します。
難波の個室居酒屋で食事をする際にも参考になると思います。

 

定食の基本は一汁三菜、そしてご飯です。
定食のおかずはご飯に合うようなものばかりですから、お酒についてもご飯との相性を考えます。

 

ご飯と合わせたいとき、外せないお酒といえば日本酒です。
お米を原料にしているため、お米と一緒に飲んだとしても違和感がありません。

 

むしろ、ご飯の甘みと日本酒の香りが融合し、おかずの美味しさを引き立ててくれるのです。
お米の香りが好きという人は純米酒や大吟醸酒を飲むと良いでしょう。

 

煮物や揚げ物など、おかずの味がしっかりしているときは熟成された日本酒をおすすめします。
スッキリした後味がお好みであれば冷酒を、お米の香りを楽しみたいときは燗を温めてください。
日本酒だけでなく、定食と焼酎の相性も抜群です。

 

ご飯に合う焼酎の筆頭はやはり米焼酎ですが、芋や麦も悪くありません。
特に、味が濃いおかずは香りの強い芋や麦焼酎と合わせると美味しくいただけます。
ロックやストレートで飲むのも良いですし、お湯割りにすると焼酎の香りをより楽しめます。