コンセプト居酒屋のはじまり

コンセプト居酒屋のはじまり

非日常を楽しめる空間として、コンセプト居酒屋が人気を集めています。
新宿にあるイタリアンがコンセプトのお店は雰囲気もイタリアな感じでおしゃれで楽しいです。
今では全国各地に多数存在する、コンセプト居酒屋ですが、
コンセプト居酒屋は元々どのように始まったのでしょうか?

 

コンセプト居酒屋の第一号店は、東京にあるBARでした。
店内を昭和のレトロな雰囲気にし、
メニューも揚げパンやハムカツなど、昔ながらのメニューに統一しました。

 

そして大人になると懐かしく、時々無性に食べたくなるあの味、
駄菓子を店内で販売したのです。

 

駄菓子自体が、おつまみになるものもありますし、
また駄菓子を見て昔話に花が咲きます。
また子供に駄菓子をお土産に買う事も出来ます。

 

このコンセプトは大当たりして、その大当たりを見た他の居酒屋も、
それぞれ個性的なコンセプト居酒屋をオープンさせたのです。

 

コンセプトによって、居酒屋の目的は大きく変わってきますが、
昭和レトロの居酒屋の場合は、懐古主義です。

 

昔の楽しかった時間を思い出したり、
リラックスして落ち着いた気持ちで過ごす事が出来ます。
また簡単に、タイムスリップをした気分を味合う事も可能です。

 

他にもメイド居酒屋や、ガールズ居酒屋、コスプレ居酒屋となると、
目的は大きく異なりますよね。
この場合は、可愛い女性店員を見る事が、
コンセプト居酒屋に行く目的となるからです。
感覚的には、キャバクラに行くのと、似た気持ちだと言えるでしょう。
もちろん、キャバクラではありませんから、
女の子に触ったり、下ネタを言ってはいけません。
お酒が入るため尚更、節度とマナーを持った態度を心がけて下さい。